ボトックス注射で体のコンプレックスを解決!なりたい自分になろう

サイトメニュー

施術が成功するように

顔に触れる女性

患者自身の意識が大切

ボトックス注射は切開を行わずダウンタイムも少ないため、初心者でも受けやすい美容整形と言えるでしょう。しかし、副作用が必ずしも起こらないとは言えません。ボトックス注射を受ける前に、次のような副作用が起こる事を想定しておきましょう。まず、ボトックス注射では時の通り、注射器を使用します。針は極細タイプを用いますが、針を肌に通すため、どうしても内出血は起こります。これは当日に消える事がほとんどですが、施術前や後にお酒や激しい運動を行った場合、内出血が長引く事があります。血の巡りが良すぎると、内出血や腫れ、むくみなどの症状が出やすくなるため体温が上昇する行動は控えましょう。また、ボトックス注射は大がかりな施術ではないため、ドクターの技術に差は出にくいと捉えられる事もありますが、そうではありません。ボトックス注射の中でも特にエラ張りやシワの改善が多いですが、顔には30箇所以上の表情筋が集まっています。もしも注入する量やポイントを間違えば、顔に麻痺が起きたり表情を失ってしまうトラブルを引き起こしてしまうでしょう。そのため、必要なポイントにボトックスを注入するには、施術の知識と経験が欠かせません。無事、希望通りにボトックス注射を済ませるにはクリニックをしっかり見極める必要があります。カウンセリングの際には、ドクターがこれまで行った症例数を知り、施術後どのくらい患部が変化したか見るようにしましょう。気軽に受けられるのがボトックス注射の魅力ですが、患者自身の意識も大切です。ボトックス注射を受ける際は、起こる可能性のある副作用を把握し、副作用のリスクを下げるにはクリニックを選びを慎重に行う事が重要だと知っておきましょう。

Copyright© 2019 ボトックス注射で体のコンプレックスを解決!なりたい自分になろう All Rights Reserved.